トップ  »  西村隆行の現場主義コーナー  »  歩道と車道の区別がなく危険な個所

歩道と車道の区別がなく危険な個所

ある市民の方から、「そんなにたくさんの小学生が登校している道路ではないが、歩道と車道の区別がなく、また、側溝にふたのないところがあり、危険な個所があるのでなんとかならないか」ご相談を受けました。
現場に行ってみると、ご指摘のとおり、通学路としては危険な箇所を確認することができました。早速、現場の写真を担当課に持って行き、安全対策ができないか相談をさせていただきました。
市としては、通学路としての安全対策を検討され、部分的にあいていた側溝のふたを設置され、新学期までに歩道と車道の区別をする白線を引かれました。
どんなことでも現場に行かせていただき、現状を見させていただき、対応できることはしっかりとさせていただきますので、お気軽にご連絡してください。よろしくお願いします。

20121128-000.jpg

市民相談

皆様の思いを承りました。

6月度の市民相談の分野別
道路関係 11
医療介護関係 0
障害者の方に関すること 2
お金に関すること 3
市役所関連 9
法律関連 0
教育 2
交通 1
その他 12
合計 40