トップ  »  草津市役所

草津市役所

創設されてから今年で3年目となる新しい課です。職員は課長をはじめとする7名です。その内、現役の教師は4人です。

どんなことをしているの?

学校政策推進課の目的は、最先端の教育手法や仕組みを小中学校に取り入れ、全国に誇れる学校教育を実現することです。学校教育の質を向上させるため、様々な取組を行っています。
具体的には、ICT教育の推進や学校図書館の充実、漢字検定や英語検定等の学力向上のための取組、著名人を招いて子どもが夢や将来について考えるきっかけを作るスペシャル授業の実施、学校・家庭・地域のつながりを深めるコミュニティ・スクールくさつの推進などを行っています。

ICT教育ではどんなことを行っているの?

「学校が楽しい!」「勉強がよく分かる!」学校にするためには、子ども達が受け身ではなく、興味を持って能動的に参加できる授業を展開することが必要です。このため、草津市の小中学校では、電子黒板やタブレットPCなどのICT機器を導入し、授業改善を進めています。
電子黒板は全普通教室に、タブレットPCは約4,800台導入しています。タブレットPCについては、授業の中では1人1台が使える環境となっています。これらの機器を活用し、子ども達は、自分の意見を入力し、クラス全員と意見交換したり、グループで協働して課題に取り組んだり、発表用資料を作ってプレゼンしたりと、先進的な教育を行っています。
これから求められる、主体的・対話的な深い学び、いわゆる「アクティブ・ラーニング」の実現について、草津市では、ICT機器を活用し、ノートや黒板といったアナログな方法も組み合わせる「草津型アクティブ・ラーニング」を実現していきます。
このほか、小中学校の特別支援学級においては、個々の課題に応じた教育が行えるよう、専用アプリ等が充実しているiPadを導入しています。更なる活用が進むよう、取組を進めていきたいと考えています。

コミュニティ・スクールくさつって何?

保護者や地域の方々と学校の運営方針を共有し、ご意見もいただきながら、「地域とともにある学校づくり」を進める取組です。学校支援ボランティアの中心である地域協働合校との連携を強化し、学校の教育活動の評価も行い、これまで以上に保護者や地域の方々の積極的な協力や参画を得ながら、学校運営の充実を図ります。

本年度は14校全ての小学校で実施し、それぞれの学校ごとの課題を踏まえた取組が進められています。

正規職員4名、嘱託職員2名、臨時職員2名の計8名です。主に広報くさつの発行、ホームページやフェイスブックの運営管理をしています。

「広報くさつ」、どうやって作っているの?

まず、担当部署から提出された原稿を元に、紙面の割り振りを決めます。委託業者が作成した紙面を広報課員で校正した後、担当課にも確認をお願いします。誤字脱字はないか、内容に矛盾がないか、わかりやすい表現になっているかなど、課員全員で何度も何度も確認しています。そして、原稿締切から納品まで約1カ月かけてやっと1冊の広報くさつが出来上がります。

001.jpgまた、紙面とにらめっこするだけでなく、カメラマンとして市内の行事などの取材へ出向き、広報くさつの「顔」とも言える表紙写真の撮影もします。

たくさんの人に関わっていただき、市民の皆さんのおかげで「広報くさつ」はできています。感謝の気持ちを忘れずに、どうすれば皆さんに手に取ってもらえる広報紙になるのか、どうすればよりわかりやすく市政情報をお届けできるのか、これからも日々悩みながらも課員一同楽しく仕事をしていきたいと思っています。

広報キャラクター「くさみぃ」について教えて!

「くさみぃ」は、広報くさつや草津市Facebookページで案内役を務めるうさぎのキャラクター。名前の由来は、草津の「くさ」と、出会いのまち・草津から、出会いの「Meet(ミート)」を掛け合わせたことからきたもの。草津市の市章がモチーフで、「広く市民の声を聴く」ために、耳の大きなうさぎになりました。そのかわいらしい見た目から、職員の中にも熱烈なファンがいるほどの人気者です。

広報くさつや草津市Facebookページで「くさみぃ」の姿をぜひ探してみてください!

「広報くさつ」の1月15日号が何だか以前と雰囲気が違ったけれど・・・

002.jpgそうなんです。広報くさつは今年の1月15日号から紙面デザインをリニューアルしました!より読みやすい紙面をめざして、表紙のデザインや文字サイズ、レイアウトの変更などを行いました。どうでしょうか、皆さん気づいていただけましたか?

よりよい広報紙をめざし、これからも広報くさつは進化を続けます!

文化財保護課は、市役所の6階、北側エレベーターを出て右側にあります。職員は課長をはじめとする計9名です。

○どんなことをしているの

文化財の保護・調査に関する業務を行っています。
①埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の範囲内で行われる工事の事前発掘調査、②発掘調査出土品の整理作業、③調査報告書刊行、④未指定の文化財を対象に調査を行い、将来的な保護対策の検討、⑤史跡草津宿本陣などの史跡整備事業、⑥指定文化財の所有者等に対する助成事業、⑦文化財保護審議会の運営、⑧調査成果報告会、展示会、出前講座などの普及啓発事業などです。

○最近多い相談は

一番多くいただく相談は、市内で開発を計画されている方から、計画地が埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の範囲内に入っているかどうか、調査が必要かどうかの問い合わせです。市内では以前から宅地開発が盛んで、相談件数も多くなっています。他には指定文化財の管理に関することや文化財の内容に関する問い合わせなどもあります。

○一番苦労することは

もっとも事業量が多いのが埋蔵文化財発掘調査事業です。年中屋外で作業を行いますので、夏の炎天下や冬の厳寒期は大変厳しい勤務環境になります。調査に従事する人の体調管理に気を使うとともに、開発に伴う調査がほとんどなので、期限までに終わらなければなりません。また、調査を実施することにより工事期間などに影響が出ることもあるので、開発者の方に御理解を求める必要があります。

○市民のための文化財保護課って

発掘調査などによって得られた成果を市民の皆様に公表し、地域に刻まれた歴史を知っていただくことが大切と考え、普及啓発事業を行っています。また、史跡の整備をすすめることにより、歴史を体験できる空間をつくるとともに、文化財を見学したり、散策できる環境を整え、文化財が市民の皆様の生活やまちづくりに活かされるようにしていきたいと考えています。

○文化財保護課から市民の皆様へアピールを

発掘調査成果の報告会として、「草津の古代を掘る」を毎年開催しています。また、発掘調査で重要な成果が出た場合は現地説明会を開催し、見つかった遺跡の現物を見ながらの解説を行っています。草津の生の歴史を知る絶好の機会ですので、ぜひ御参加ください。

今回は、建設部道路課を紹介します。

○一番苦労することは?

草津市道は平成27年度の時点で全長516.5kmに及び、新設工事と維持管理を道路課20人の職員で支えております。道路は市民生活に密着したインフラであるため、日々多くのご意見をいただいており、パトロールを毎日行い、適正な維持管理に努めております。
いただいたご意見すべてに対応するよう心がけておりますが、市民の皆様のご要望どおりに全てをすぐに対応することが難しく、どうすれば皆様の満足度を向上させられるか日々試行錯誤を行いながら仕事を行っております。このことが一番の苦労です。
至らない点も多々あるとは思いますが、温かく見守っていただくとありがたいです。


○市民のための道路のあるべき姿とは?

毎日当たり前に利用される道路であるからこそ、既設の道路も新設の道路も安全・安心な道路であることが大切です。
これからも、市民の皆様に安全・安心な道路を提供していくために、日々頑張ってまいります。また、現場に直接足を運び、道路課の仕事をピックアップしていただいている市議会議員の皆様には、日頃から市民の皆様の道路に関するご意見を伝えていただきありがとうございます。
これまでも、歩道を徒歩によるパトロールも行ってはというご提案をいただき毎月実施しております。貴重なご意見・ご提案をいただいておりますこと、この場を借りて御礼申しあげます。


○道路課から市民の皆さまへのアピールを!

道路課は若手の職員が多く、女性技師も活躍している活発な職場です。その反面、業務の特性上ある程度の経験を必要とするものも多く、日々ベテラン職員の経験と知識を織りまぜながら、道路課一丸となって業務にあたっております。
道路という日々の生活に欠かせないインフラを精一杯支えてまいりますので、これからも変わらぬご支援・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

幼児課は、市役所の1階正面玄関から入って、右の16番窓口にあります。職員は課長をはじめとする計26名です。


〇どんなことをしているの

就学前教育・保育に関する業務を担当しています。
①保育所(認定こども園含む)への入所を希望される方の入所調整、幼稚園(認定こども園含む)の入園許可、
②公立保育所・幼稚園・認定こども園の施設維持管理、
③私立認可保育園(認定こども園含む)および地域型保育事業の運営支援、
④利用者負担額の徴収、
⑤保育および幼稚園教育に係る職員研修および指導などです。


○最近多い相談は

一番多くいただく相談は、保育所の入所に関することです。
保育所の申込み期限、必要書類や空き状況についてなど、様々です。
毎月下旬に保育所の空き状況を市ホームページに掲出しています。また、平成28年4月から新たに開園する保育所もありますので、ご不明な点があれば、何なりと幼児課までお問い合わせください。


○認定こども園はどんなところ

草津市では、平成28年4月より、公立の認定こども園を2園、私立の認定こども園を1園、開園しました。
認定こども園は、幼稚園と保育所のそれぞれの良いところを活かしながら、その両方の役割を果たすことができる新たな施設です。
さらに、認定こども園に通っていない子どもに対して、子育て相談や親子の集いの場の提供などの子育て支援を行う新しい施設です。


○幼児課から市民の皆様へアピールを

国では未来を担う子どもたちの人生のスタート期である就学前の教育・保育が量的にも質的にも充実し、向上していくように様々な政策を進めています。
草津市におきましても、平成27年度に「草津市子ども・子育て支援事業計画」を策定し、「子どもの人権が尊重され子どもと大人がともに育ちあい、笑顔輝くまち草津」を基本理念に、子育て環境の向上のために事業を展開しています。
今後も「心豊かでたくましい生き、未来をつくる草津の子ども」の育成を目指し、質の高い乳幼児教育の展開と、保護者への子育て支援に努力していきたいと思います。

今回は、市民の皆様の生活と非常に関係の深い「ごみ減量推進課」です。

ごみ減量推進課は、市役所の1階西玄関そばの15番窓口にあります。職員は課長をはじめとす計14名です。


〇どんなことをしているの

家庭から出されるごみと事業所から出されるごみ(産業廃棄物を除く)に関する業務を担当しています。主な業務は、①ごみの処理や収集。②ごみのリサイクル、減量および啓発。③ごみ収集業者の指導監督(産業廃棄物を除く)。④ごみの処理計画策定と推進。⑤不法投棄防止対策などです。


○最近多い相談は

一番多くいただく相談は、ごみの分別に関することです。「CDは焼却ごみ類?プラスチック容器類?」「飲み薬のびんは飲・食料用ガラスびん?陶器・ガラス類?」など、日々の生活の中には分別に迷うものがたくさんあります(ちなみに、CDはプラマークがついていないので焼却ごみ類、飲み薬のびんは飲・食料用ガラスびん類です)。ごみの分別に迷われることがあれば、お気軽にごみ減量推進課までお問い合わせください。


○市民のためのごみ減量推進課って

ごみ減量推進課では、ごみに関するご相談をお受けすることはもちろんのこと、ごみの不法投棄対策やごみ集積所からの資源ごみの持ち去り防止のためのパトロール活動も行っています。また、市民の方々や市内事業所の代表者などで構成される「ごみ問題を考える草津市民会議」と協力して、3R(リデュース〔ごみになるものを買わない、無駄なものはもらわない、物を大切に使うことで、ごみの発生を減らすこと〕リユース〔使える物は、繰り返し使うこと〕、リサイクル〔ごみを資源として再び利用すること〕)を推進するため、催しや清掃活動、広報誌「ごみジャーナル」などを通して、啓発事業を行っています。


○ごみ減量推進課から市民の皆様へアピールを

ごみ減量推進課では、市民の皆様にとってごみに関する身近な相談窓口であるという思いで業務にあたっています。ごみの分別や出し方など、ごみに関することで分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。また、平成27年10月より、24時間申し込み可能な粗大ごみのインターネット受付も開始いたしましたので、是非ともご利用ください。

第4弾は、「消費生活センター」を紹介します。
消費生活センターは、市役所1階の南玄関入ってすぐ、市民相談室と同室です。業務内容は消費生活に関する苦情相談やあっせん業務、消費者被害防止のための出前講座にも力を入れています。


(本音?)インタビューしました!

○どんな相談を受けているの?
主に契約に関するトラブルの相談を受けています。例えば、訪問販売や通信販売などの買い物トラブル、マンション・アパートの賃貸借契約・通信契約・保険契約、さらに投資に関するトラブルなどです。また製品事故や食品表示に関する相談や、多重債務などの借金に関する相談についても、法律家や専門機関と連携を図りながら迅速に対応しています。
これらの相談件数は平成25年度約1100件、平成26年度約1200件あり、前年度に比べて概ね1割程度の増加傾向にあり、今後もこの傾向が続くのではないかと懸念しています。


○最近多い相談は?
平成26年度下半期(10月~3月)で相談件数の第1位はインターネットの課金トラブル、第2位は振り込め詐欺や投資詐欺などの特殊詐欺、第3位は通信販売に関するトラブルの順となっています。特に第1位のインターネットトラブルでは、アダルトサイトに関する相談が最も多く、年齢認証画面で「はい」をクリックしたら突然高額な請求画面が貼りついた事例や、無料動画を再生しようとしたらいきなり登録料を請求された事例など、いずれも有料の表示をせずに高額な料金を請求する手口でした。
これらの手口はワンクリック詐欺ともいわれており、契約自体が成立していないので料金を支払う必要はありません。業者とは絶対に連絡を取らずに無視することが大切です。


○消費者教育・啓発活動ではどんなことをしているの?2015_vol37-1.jpg
高齢者サロンや子ども会への出前講座、年金支給日に警察との街頭啓発のほか、消費者教育用のオリジナル「紙芝居」や「小冊子」、うちわ等の啓発グッズを貸出・配布し、注意喚起を行っています。年間約20回程度出動する出前講座では、「消費者被害の実態と対処法」をテーマに掲げ、楽しく学んでいただくことを基本に、歌やダンス、寸劇などを交えながら、飽きさせない、わかりやすいプログラムづくりをモットーとしています。
街頭啓発では、消費者教育・啓発用マスコットキャラクター「クゥとかいな」が華麗に歌とダンスを披露、消費者被害の防止をアピールします。「クゥとかいな」の出動やオリジナル紙芝居の貸出を希望される方は、気軽に消費生活センターまでお問い合わせください。


○消費生活センターから市民の皆様へアピールを!!2015_vol37-2.jpg
悪質商法や特殊詐欺などの手口は日々、多様化・巧妙化しており、被害に遭った場合、その被害額を回復することは非常に困難な状況です。このような事態に対応するためには、私たち消費者一人ひとりが、消費者問題に対する知識や技術を学び、被害に遭う前にトラブルを回避する能力を持つこと、いわゆる「かしこい消費者」になることが重要です。
市では、より多くの方々に消費者問題について学んでいただく機会を提供するため、毎年5月の全国消費者月間にあわせて「消費者被害防止キャンペーン」を市内の大型商業施設で開催、子どもから高齢者に至るまで楽しく消費者問題を学んでいただける多彩なプログラムを準備しています。ぜひ、たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

第3弾は、市の重点施策であり、草津の歴史的遺産である天井川を活用するための草津川跡地整備事業を実施している「草津川跡地整備課」を紹介します。

草津川跡地整備課は、市役所の5階にあります。
川としての役割を終えた草津川跡地を、多くの人が訪れ利用されるにぎわい空間として整備する業務をされています。


(本音?)インタビューしました!

〇一番苦労することは?
将来にわたって様々な活動ができるよう、市民の皆さんと話しあいながら計画を進めています。新しい取り組みを進めるには、数多くの課題を丁寧に一つずつ解決する必要があります。これらの解決を図るには、非常に困難を要することもありますが、人と人との繋がりを大切にし、試行錯誤しながら事業を進めています。

○やりがいを感じることは?
人との新たな出会いや、整備後への想いを多くの方と共有できた時は嬉しいです。また、今年度から草津川跡地整備計画(メロン街道から東海道新幹線までの約5.7km)のうち区間②(メロン街道~浜街道)と区間⑤(JR琵琶湖線~草津川橋)の工事に着手しています。計画が形になっていくことに大きなやりがいを感じます。

○市民のための草津川跡地整備事業とは?
草津川跡地整備事業は、3つのデザイン手法を導入して進めています。歴史を継承し、自然との共生を図る「景観デザイン」、市民の皆さんが計画づくりの段階から参加する仕組みにより進める「コミュニティデザイン」、災害時の防災拠点としての空間づくりを進める「防災・都市環境デザイン」。この3つのデザインを大切に、市民の皆さんに愛され長く利用される整備を進めていくことが重要であると考えています。 

○草津川跡地整備課から市民の皆様へアピールを!!
ワークショップや社会実験など様々な取り組みを進めています。たくさんの人々の想いが集う空間となるように、皆さんも、草津川跡地プロジェクトに参加してみませんか。お待ちしています。


vol36_001.jpg

第2弾は、高齢者の総合相談窓口の統括部門である
「中央地域包括支援センター」を紹介します。

中央地域包括支援センターは、市役所本庁横のさわやか保健センターの2階にあります。
また、市内の各中学校区、計6ヶ所に市から運営委託をされている圏域地域包括支援センターがあり、中央地域包括支援センターは、圏域地域包括支援センターの後方支援や総括といった業務をされています。


(本音?)インタビューしました!

〇一番苦労することは?
市民の皆様に地域包括支援センターを活用していただけるよう、PRに最も力を入れています。

〇やりがいを感じることは?
窓口に相談に来られた市民の方々の表情が笑顔に変わったとき、「安心しました」と言って帰られるときは、嬉しい気持ちになります。また、圏域地域包括支援センターが困っておられて、相談を受けたケースが後で「うまくいったよ」と報告されたときも嬉しいですね。

〇市民のための地域包括支援センターとは?
地域包括支援センターでは、高齢者の様々な相談や問題解決に努めています。市民のための地域包括支援センターであるためには、市内におられる全ての高齢者やその御家族が困った時、支援を必要とされた時にすぐに頼っていただけるよう市民のニーズに敏感に対応していくことと、センターのPRを行っていくことで、市民にとってより身近な存在になることが重要だと考えます。また、高齢化の進む草津市ですが、市民の皆様に安心して住み続けていただけるまちづくりも大切だと考えています。
 
〇地域包括支援センターから市民の皆様へのアピールを!
圏域地域包括支援センターが開設し、高齢者の方やそのご家族、地域の関係者や医療福祉の方からの相談も増え、地域包括支援センターが高齢者の方の地域の身近な相談窓口として少しずつ市民の皆様に知っていただけていると感じております。

圏域地域包括支援センターには社会福祉士や保健師、主任介護支援専門員の3人が配置されていますので、介護や健康、医療や生活に関することなどの相談はもちろん「どこに相談するのかわからない」といった悩みも、まずはご相談ください。

高齢化は進みますが、お元気な方もいっぱいおられます。介護予防にも取り組みながら、みんなで支え合い、最期まで自分らしく暮らせるまちにしていきたいです。是非、地域包括支援センターを気軽にご利用ください。

今号より、皆様に、より市の仕事を理解して頂けるよう、各窓口の紹介をしていきます。

第1弾は、議員が一番お世話になっている「草津市議会事務局」を紹介します。
議会事務局は、市役所3階にあります。市役所南玄関の横にある市議会専用出入口からだとエレベーターで昇ったところにあります。
草津市議会議員24名の議会活動の「縁の下の力持ち」的存在です。正規職員さんが6名、嘱託職員さん2の合計8名です。
本会議、各常任委員会、特別委員会等の事務的段取りや、各会議の資料作成、視察等の調整等、議員の議会活動が、円滑に出来るよう頑張って頂いています。


(本音?)インタビューしました!

〇一番苦労することは?
委員会などにおいて、充実した議論ができるように、必要な資料やデータを整えるとともに、スムーズな委員会等の運営ができるようにサポートすることです。

○やりがいを感じることは?
議会で行う会議は、独特の緊張感の中で常にやり直すことができない本番の連続です。議論が充実し、会議運営がうまくいったときには達成感がありますし、次の会議に向けて新たな意欲がわいてきます。

○市民のための議会って?
議会では、市政の大きな方針や市民生活に大きな影響のある条例や予算などを決定しています。市民のための議会であるためには、決定にあたって、市民の皆様のさまざまなご意見を踏まえ、十分議論することが重要だと考えます。

○事務局からの市民の皆様へのアピールを!
議会事務局では、会議の開催予定など議会活動の情報を、議会ホームページや年4回発行している「議会だより」で提供しています。本会議や委員会は公開していますので、ぜひ傍聴に来てください。また、本会議は議会ホームページでライブ中継や録画中継を掲載していますので、ご覧ください。

最近では、特に議会改革に議員と一緒になって取組んでくれました。約3年間にわたった議会改革推進特別委員会メンバーの議論してきた意見をまとめ、毎回の議論の要となる資料作成に努めて頂き、大変心強かったです。
今後さらに、市議会議員の政策形成能力の向上等の「議員力」向上に市議会議員と一緒に取組んでいただけると期待しています。

市民相談

皆様の思いを承りました。

11月度の市民相談の分野別
道路関係 5
医療介護関係 1
障害者の方に関すること 2
お金に関すること 2
市役所関連 4
法律関連 1
教育 2
交通 1
その他 8
合計 26