トップ  »  ひまわり通信  »  「変われるか、議会」

「変われるか、議会」

前号では、「変わらなきゃ、議会」というタイトルでしたが、今号では、「変われるか?」としました。
地方は、今後の人口減少時代の生き残りをかけて、知恵を絞り、市民の皆様の力も借りながら、それぞれが自立していかなければなりません。

地方行政が市民サービス向上のための政策立案能力が求められること=議会の責任重大、であります。「議員一人一人にその認識がないと、議会はこれまで通り、市民に遠い、見えにくい、声が届かない、議論しない、といった「ないない尽くし」になってしまう恐れがあります。

従来の議会のシステムを変えないといけません。それが、9月議会に提案予定であった「草津市議会基本条例」です。

残念ながら、提案時期は伸びましたが、議会が変われるためにも、少しでも早くこの条例が施行できるよう頑張ります。

市民相談

皆様の思いを承りました。

11月度の市民相談の分野別
道路関係 5
医療介護関係 1
障害者の方に関すること 2
お金に関すること 2
市役所関連 4
法律関連 1
教育 2
交通 1
その他 8
合計 26