トップ  »  草津市役所  »  ごみ減量推進課 ここってどんな仕事?

ごみ減量推進課 ここってどんな仕事?

今回は、市民の皆様の生活と非常に関係の深い「ごみ減量推進課」です。

ごみ減量推進課は、市役所の1階西玄関そばの15番窓口にあります。職員は課長をはじめとす計14名です。


〇どんなことをしているの

家庭から出されるごみと事業所から出されるごみ(産業廃棄物を除く)に関する業務を担当しています。主な業務は、①ごみの処理や収集。②ごみのリサイクル、減量および啓発。③ごみ収集業者の指導監督(産業廃棄物を除く)。④ごみの処理計画策定と推進。⑤不法投棄防止対策などです。


○最近多い相談は

一番多くいただく相談は、ごみの分別に関することです。「CDは焼却ごみ類?プラスチック容器類?」「飲み薬のびんは飲・食料用ガラスびん?陶器・ガラス類?」など、日々の生活の中には分別に迷うものがたくさんあります(ちなみに、CDはプラマークがついていないので焼却ごみ類、飲み薬のびんは飲・食料用ガラスびん類です)。ごみの分別に迷われることがあれば、お気軽にごみ減量推進課までお問い合わせください。


○市民のためのごみ減量推進課って

ごみ減量推進課では、ごみに関するご相談をお受けすることはもちろんのこと、ごみの不法投棄対策やごみ集積所からの資源ごみの持ち去り防止のためのパトロール活動も行っています。また、市民の方々や市内事業所の代表者などで構成される「ごみ問題を考える草津市民会議」と協力して、3R(リデュース〔ごみになるものを買わない、無駄なものはもらわない、物を大切に使うことで、ごみの発生を減らすこと〕リユース〔使える物は、繰り返し使うこと〕、リサイクル〔ごみを資源として再び利用すること〕)を推進するため、催しや清掃活動、広報誌「ごみジャーナル」などを通して、啓発事業を行っています。


○ごみ減量推進課から市民の皆様へアピールを

ごみ減量推進課では、市民の皆様にとってごみに関する身近な相談窓口であるという思いで業務にあたっています。ごみの分別や出し方など、ごみに関することで分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。また、平成27年10月より、24時間申し込み可能な粗大ごみのインターネット受付も開始いたしましたので、是非ともご利用ください。

市民相談

皆様の思いを承りました。

11月度の市民相談の分野別
道路関係 5
医療介護関係 1
障害者の方に関すること 2
お金に関すること 2
市役所関連 4
法律関連 1
教育 2
交通 1
その他 8
合計 26