トップ  »  草津市役所  »  幼児課 ここってどんな仕事

幼児課 ここってどんな仕事

幼児課は、市役所の1階正面玄関から入って、右の16番窓口にあります。職員は課長をはじめとする計26名です。


〇どんなことをしているの

就学前教育・保育に関する業務を担当しています。
①保育所(認定こども園含む)への入所を希望される方の入所調整、幼稚園(認定こども園含む)の入園許可、
②公立保育所・幼稚園・認定こども園の施設維持管理、
③私立認可保育園(認定こども園含む)および地域型保育事業の運営支援、
④利用者負担額の徴収、
⑤保育および幼稚園教育に係る職員研修および指導などです。


○最近多い相談は

一番多くいただく相談は、保育所の入所に関することです。
保育所の申込み期限、必要書類や空き状況についてなど、様々です。
毎月下旬に保育所の空き状況を市ホームページに掲出しています。また、平成28年4月から新たに開園する保育所もありますので、ご不明な点があれば、何なりと幼児課までお問い合わせください。


○認定こども園はどんなところ

草津市では、平成28年4月より、公立の認定こども園を2園、私立の認定こども園を1園、開園しました。
認定こども園は、幼稚園と保育所のそれぞれの良いところを活かしながら、その両方の役割を果たすことができる新たな施設です。
さらに、認定こども園に通っていない子どもに対して、子育て相談や親子の集いの場の提供などの子育て支援を行う新しい施設です。


○幼児課から市民の皆様へアピールを

国では未来を担う子どもたちの人生のスタート期である就学前の教育・保育が量的にも質的にも充実し、向上していくように様々な政策を進めています。
草津市におきましても、平成27年度に「草津市子ども・子育て支援事業計画」を策定し、「子どもの人権が尊重され子どもと大人がともに育ちあい、笑顔輝くまち草津」を基本理念に、子育て環境の向上のために事業を展開しています。
今後も「心豊かでたくましい生き、未来をつくる草津の子ども」の育成を目指し、質の高い乳幼児教育の展開と、保護者への子育て支援に努力していきたいと思います。

市民相談

皆様の思いを承りました。

11月度の市民相談の分野別
道路関係 5
医療介護関係 1
障害者の方に関すること 2
お金に関すること 2
市役所関連 4
法律関連 1
教育 2
交通 1
その他 8
合計 26