トップ  »  草津市役所  »  広報課 ここってどんな仕事

広報課 ここってどんな仕事

正規職員4名、嘱託職員2名、臨時職員2名の計8名です。主に広報くさつの発行、ホームページやフェイスブックの運営管理をしています。

「広報くさつ」、どうやって作っているの?

まず、担当部署から提出された原稿を元に、紙面の割り振りを決めます。委託業者が作成した紙面を広報課員で校正した後、担当課にも確認をお願いします。誤字脱字はないか、内容に矛盾がないか、わかりやすい表現になっているかなど、課員全員で何度も何度も確認しています。そして、原稿締切から納品まで約1カ月かけてやっと1冊の広報くさつが出来上がります。

001.jpgまた、紙面とにらめっこするだけでなく、カメラマンとして市内の行事などの取材へ出向き、広報くさつの「顔」とも言える表紙写真の撮影もします。

たくさんの人に関わっていただき、市民の皆さんのおかげで「広報くさつ」はできています。感謝の気持ちを忘れずに、どうすれば皆さんに手に取ってもらえる広報紙になるのか、どうすればよりわかりやすく市政情報をお届けできるのか、これからも日々悩みながらも課員一同楽しく仕事をしていきたいと思っています。

広報キャラクター「くさみぃ」について教えて!

「くさみぃ」は、広報くさつや草津市Facebookページで案内役を務めるうさぎのキャラクター。名前の由来は、草津の「くさ」と、出会いのまち・草津から、出会いの「Meet(ミート)」を掛け合わせたことからきたもの。草津市の市章がモチーフで、「広く市民の声を聴く」ために、耳の大きなうさぎになりました。そのかわいらしい見た目から、職員の中にも熱烈なファンがいるほどの人気者です。

広報くさつや草津市Facebookページで「くさみぃ」の姿をぜひ探してみてください!

「広報くさつ」の1月15日号が何だか以前と雰囲気が違ったけれど・・・

002.jpgそうなんです。広報くさつは今年の1月15日号から紙面デザインをリニューアルしました!より読みやすい紙面をめざして、表紙のデザインや文字サイズ、レイアウトの変更などを行いました。どうでしょうか、皆さん気づいていただけましたか?

よりよい広報紙をめざし、これからも広報くさつは進化を続けます!

市民相談

皆様の思いを承りました。

11月度の市民相談の分野別
道路関係 5
医療介護関係 1
障害者の方に関すること 2
お金に関すること 2
市役所関連 4
法律関連 1
教育 2
交通 1
その他 8
合計 26