トップ  »  草津市役所  »  河川課 ここってどんな仕事

河川課 ここってどんな仕事

今回は、建設部河川課を紹介します。河川課は市役所5階にあり、職員は課長をはじめとする計8名です。

どんなことをしているの?

草津市内には大小さまざまな川と水路が約200㎞あり、それらは田や畑に必要な生活用水路として、また降雨時等の排水路として市民の皆様の生活に欠かせないものとなっております。
私たち河川課は、水路を新しく作ったり、既存の水路の維持管理や補修工事をしています。また、町内会等の地域住民の皆様が実施していただいている草刈や清掃の河川愛護活動のサポートも行っております。
加えて、台風や豪雨・土砂災害等の水害時には河川課が水防事務局となり、職員を召集して市内をパトロールするなど河川水路の警戒、監視を行っています。
有事となれば日頃準備している水防体制により県・消防・他の関係機関と連携して被害状況の収集、応急対応にあたります。

やりがいを感じることは?

河川等に対する要望や相談を受け、現地調査や住民への聞き取りを実施したときに「ありがとう」や「ご苦労さん」と声を掛けていただいたときにはとても嬉しい気持ちになりますし、地元の方や関係機関との調整、計画、見積もり、工事を経て、目に見える形で水路等が完成したときに、市民の皆様のお声を具現化できたと非常にやりがいを感じております。

河川課から市民の皆様へのアピールを!

近年日本各地でゲリラ豪雨が頻発し、ここ草津市でもいつ水害が発生するかわかりません。
河川課は、24時間体制で気象状況を監視し、いつでも出動できる体制をとっています。
異常気象が予想されれば職員を召集し対応にあたります。
市民の皆様にハザードマップを見ていただいていて、豪雨時等は天気予報等により天気の動向を注視していただき、避難経路や避難場所を確認いただけると嬉しいです。
水害に、より迅速・的確に対応できるよう万全を期すため、河川課職員一丸となり職務に臨んでまいりますのでこれからも変わらぬご支援・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

市民相談

皆様の思いを承りました。

10月度の市民相談の分野別
道路関係 2
医療介護関係 1
障害者の方に関すること 4
お金に関すること 3
市役所関連 9
法律関連 2
教育 2
交通 0
その他 14
合計 37