トップ  »  ひまわり通信  »  ネバーギブアップ!粘り強くあきらめずに~

ネバーギブアップ!粘り強くあきらめずに~

議会での質問は、最大年に4回の機会があります。草津市の多くの議員が、その4回の機会をフルに使って、執行部に対して、政策への是非や、まだまだ政策や事業として上がっていないことへの要望をします。

私も、毎回質問をさせて頂いています。その時期に合わせた、私の中での優先順位での内容で質問を致します。その多くは、市民相談という現場からの生の声を聞いて、制度の不備や制度のはざまでの少数意見であることも多いものです。それでも、誰一人取り残さない市政を、草津市がどこよりも率先して実行してもらいたいとの思いで、毎回質問をしています。

その中で、何度も同じテーマでの質問があります。一番には、発達障がいに関する様々な取り組みのことです。今回、質問をした「若者」支援に関しても、数回取り上げて質問をしています。このことに関しては、仕組みや組織体制が変わらなければ実現が出来ないので、粘り強く投げ掛けていかないと、やはり変わらないので、今後も一歩ずつでも前進出来るよう頑張っていきたいと思います。
二元代表制のもと、住民の代表である市長と議会とが、是々非々で政策に関してしっかりと建設的な議論をしていきたいと思います。

市民相談

皆様の思いを承りました。

3月度の市民相談の分野別
道路関係 9
医療介護関係 5
障害者の方に関すること 1
お金に関すること 4
市役所関連 9
法律関連 1
教育 4
交通 4
その他 17
合計 54