トップ  »  ひまわり通信  »  市民の声が届くには?

市民の声が届くには?

今回、乳幼児健診の改善について、議会質問をしましたが、以前より、乳幼児健診については、予約の時間取りの問題(現在はかなり改善されたようです)、健診の待ち時間が長い、といった意見を頂いていました。それで、今回せめて予約の時間を効率的に出来るようにと、大津市が今年から導入したネット予約について、質問をするつもりをしていました。そういった折、女性の活躍推進を市と連携して進めている組織の方から、草津市の3人の女性議員に声がかかりました。他市から転入して来られた子育て世代のお母さんたちが、草津市の乳幼児健診について、改善すべきではと思う点がいくつかあり、その声を同席して聞く機会がありました。目から鱗、ではないですが、ちょっとしたこと(例えば荷物置きがない、とか)から、健診のそもそもの目的からの提言等々、大変参考になりました。他市との比較があればこその貴重なご意見でした。
 私たち議員は、議会質問等を通して、行政が気付かないことや、足らない必要な施策について提言しますが、その後のフォローも大事です。今回は、この件に関しては、繋いで頂いた組織の方々、保護者の方々、議員が連携し、行政に具体的に建設的に意見交換しているところです。決して対立構造でない、お互いの双方向での対話により進んでいることに、大変嬉しく思っています。市政にこのような若い世代の方が自分事として関心を持って監視をして頂く良いきっかけになることを願っています。

市民相談

皆様の思いを承りました。

6月度の市民相談の分野別
道路関係 11
医療介護関係 0
障害者の方に関すること 2
お金に関すること 3
市役所関連 9
法律関連 0
教育 2
交通 1
その他 12
合計 40