トップ  »  草津市役所  »  各委員会の仕事(役割) Vol.5

各委員会の仕事(役割) Vol.5

産業建設常任委員会

 今回は産業建設常任委員会をご紹介させて頂きます。
 議員はそれぞれ1つの常任委員会に属し、各委員会8人で構成されています。
 会派が2人ですので、どれか一つは会派として所属出来ない、ということになり、今期は、この産業建設常任委員会が所属出来ていない委員会になりますが、情報は、タブレットに全て掲載されますので、ご紹介いたします。
 まず、審査や調査を行うための所管する部については、「環境経済部」「都市計画部」「建設部」「上下水道部」「農業委員会事務局」です。簡単に言えば、インフラ関係の施設や建物、道路といったハード関係と言われる所管が多いです。あとは、環境や商業、観光といった分野です。
 日頃から、市民相談をお受けする中で、圧倒的に道路関係のご相談が多く、道路課の窓口には、どの課よりも多くお伺いしています。
 時代の状況として、産業建設部門は、今後の生活や暮らしに影響が大きくあるものばかりです。地球温暖化関係の環境政策、施設や水道管や道路といった公共の施設の維持管理、人口減少時代に備えての土地の利用や生活拠点の考え方、公共交通の構築等々、少子高齢化の時代に大変密着した政策を立案していく部門です。
 現在、審議されている内容をざっとご紹介させて頂きます。
 「南草津エリアまちづくり推進ビジョン」「びわこ東海道景観基本計画」「第3次みどりの基本計画」「第3次草津市環境基本計画」「草津市都市計画マスタープラン」「草津市自転車安全安心利用促進計画」等々...。ハード面でのまちづくりは、今後の人口減少社会にあっては、大変重要なテーマです。
 また、今期の所管事務調査は、「草津川跡地公園を軸としたまちづくりについて」をテーマとしています。市域を東西につなぐ広大な草津川跡地公園を基軸としたまちの活性化の方策について、調査・研究を進めています。公園全体および市域全体の回遊性にかかる公共交通網整備や指定管理者による効果的な事業等により、草津市の活性化やうるおいのシンボルとなるよう、調査・研究を進め、令和3年9月に報告する予定です。
vol59_img2.jpg

市民相談

皆様の思いを承りました。

1月度の市民相談の分野別
道路関係 4
医療介護関係 1
障がい者の方に関すること 1
お金に関すること 6
市役所関連 3
法律関連 0
教育 2
交通 0
その他 13
合計 30