トップ  »  ひまわり通信  »  ひまわり通信コーナーを振り返ってみました!

ひまわり通信コーナーを振り返ってみました!

 今号で68号となります。前の議員の方から引き継いで、私が議員にならせて頂いて初めて「ほっと通信」に原稿を掲載したのが、Vol.7号からです。その頃は、「つれづれコーナー」という名称でのコーナーでした。
 そしてこの「ひまわり通信」コーナーは、遡ってみると、3期目をスタートしたVol.39号からになります。このコーナーでは、議会活動や議員活動、また草津市政を出来るだけ分かりやすく、興味を持って頂けるようにと思っているのですが、実際は目的を達しているのか、いかがでしょうか。
 これまでのタイトルを少しご紹介すると、先号の67号では「ゴミ袋の有料化」。64号では「税金の使われ方と必要な事業への予算化」。63号では「地球がSOS?!~草津市気候非常事態宣言」。59号では「コロナ禍での議会や議員の役割とは?」。56号では「草津市の長寿化は?」。55号では「市民の声が届くには?」といったタイトルです。もし、何か、興味惹かれるタイトルがありましたら、過去の記事は草津市議会公明党のホームページに掲載されています。これからも、議員の広報活動として頑張って参りますので、率直なご意見を宜しくお願い致します。

市民相談

皆様の思いを承りました。

4月度の市民相談の分野別
道路関係 7
医療介護関係 3
障がい者の方に関すること 4
お金に関すること 4
市役所関連 5
法律関連 0
教育 5
交通 0
その他 11
合計 39