トップ  »  お知らせ  »  2022年2月草津市議会定例会報告

2022年2月草津市議会定例会報告

 令和4年草津市議会2月定例会が令和4年2月25日から3月24日の28日間にわたって、アクリル板設置や机の消毒の実施等の感染症対策をしっかり取りながら開催されました。
 予算案件8件、補正予算案件8件、条例案件12件、一般案件3件、人事案件5件、議員提出案件3件の39件が可決されました。
 特に、議員提出案として「ロシアによるウクライナ侵略を非難する」決議案が全会一致で可決されました。
 予算案は、令和4年度一般会計予算として531億1千万円、国民健康保険事業等の7会計の特別会計が339億1千万円で合計870億2千万円の上程がありました。
主な予算の内容としては、小学校卒業までの通院医療費の助成を令和4年10月1日から実施するための助成費3266万9千円、小・中学校大規模改修費として5億8110万8千円、子宮頸がん予防ワクチン接種費として5678万円、造血幹細胞移植後等の予防接種再接種助成費として100万7千円、子ども見守り防犯カメラ設置事業費として1000万4千円、消防団員処遇改善事業費として3262万円等でした。
 一般案件では、草津市立障害者福祉センターの指定管理者の指定についての案件が上程されました。
 議会提案として「気候非常事態宣言」を決議したことに連動した「ゼロカーボンシティ特別委員会」を設置しました。

 議案の内容等、くわしくは草津市議会のホームページをご覧ください。
https://www.city.kusatsu.shiga.jp/shigikai/index.html

市民相談

皆様の思いを承りました。

8月度の市民相談の分野別
道路関係 2
医療介護関係 2
障害者の方に関すること 1
お金に関すること 5
市役所関連 2
法律関連 0
教育 3
交通 0
その他 7
合計 22