トップ  »  お知らせ

お知らせ

 2020年4月16日には、全国に緊急事態宣言が発令される事態ともなり、日増しに寄せられる市民の方々からのご意見・ご要望を集約し、4月22日に橋川市長に「新型コロナ対策における緊急要望書」を手渡ししました。
 内容を紹介します。
                          令和2年4月22日
草津市長 橋川 渉 様

                        草津市議会公明党
                             西村 隆行
                             西垣 和美
     
          新型コロナ対策における緊急要望書

 新型コロナウィルスによる感染症は日本においても急速に拡大し,多くの感染者やまた死者が発生しています。草津市においても,企業のクラスター感染をはじめとして今後も拡大の恐れがあり,予断を許さない状況です。
市としても新型コロナウィルス対策本部を立上げ様々な対策を講じていただいているところではありますが,事態の収束が未だ見えない中,連日市民の方々から不安の声が届いています。
感染の拡大に伴っていち早く県内でも、市独自の支援策を打ち出している自治体もあります。
よって、草津市公明党として、感染拡大を防止し,市民の生命と健康と暮らしを守るため,市民の声から緊急に対策を講じて頂きたい下記の事項をご検討下さるよう要望します。

要望事項
1 市民に寄り添ったコロナ対策専用相談窓口の設置
不安に思う市民への適切な情報提供や相談ができるコロナ対策専用の相談窓口の設置。→相談した市民や事業者がたらい回しにあったり、保健所にと言われたものの、保健所も繋がらなかったり対応に限界あり、不安が解消されないとのお声。
また、感染者が出た場合の家庭内の対応がわからない、との声が多く、ケース想定した情報の発信。

2 個人事業主、中小企業等及び経済的困窮者への市独自の支援
国も支援を講じているが,特に飲食店に関わる個人事業主の逼迫感は想像以上とのこと。草津市で継続して事業を営んで頂けるよう、市から応援エールとしての意味合いも込めて、市独自の支援策を創設して頂きたい。特に家賃の支払いが厳しいとのお声。
3 納期限内での納付が困難な方への支援
新型コロナウィルス感染症の影響を受け,市税や公共料金社会保険料等の納期限内での納付が困難な方に対する相談体制と支払猶予等の検討。

4 学校の休校に伴う、学習のフォロー方法を明確に
オンライン学習やテレビを使った学習への取り組みを県にも要望し、迅速に開始出来るよう。

5 児童虐待およびDVへの相談体制の充実
ストレスから家庭内でのDVが増えているとのことであり、相談できる窓口やアクセスが分かりやすい情報の発信。

6 オンラインを活用した相談体制の構築(妊婦や乳幼児等)
乳幼児健診が休止している状況の中で、顔の見えるオンラインでの相談や健診代わりで対応スタート。(大津市は実施)
特に妊婦の方の不安が大きいとの声。県とも連携し、広域での対応も視野に。

7 保育園や保育所への預かりを職種限定に。
保育士の方から、育休等で、家庭におられる方でも預けている保護者もおられるなか、子どもの安全のためにも、職種限定にするくらいの強いメッセージをお願いしたいとのこと。そうすることによってお子さんがおられる保育士さんの出勤数を減らすこともできる、とのこと。

8 教職員の方の自宅での勤務を可能に。

9 市職員のコロナ対策の意識および対応策の徹底
市民の方から、市役所のコロナ対策への認識が甘いとのお声多数あり。まずは、範を示すことで、市民の方への危機感が伝わると思うもの。(例;エレベーター内での至近距離での会話。パソコンや電話の共有禁止か消毒の徹底。公園利用における注意事項の徹底。市役所出入り口での消毒の徹底等々)


9 迅速に新型コロナウィルス感染症への支援策を実行するための必要な予
算措置
                                
以上  
橋川市長からは、「しっかりと受け取りました。お応えできるようがんばります。」とのことでした。これからもしっかりと連携してまいります。
  

今年度も、昨年度と同じく、「オープンThe議会」として、草津市議会報告会を、5月19日日曜日の午前10時と午後1時の2部制で実施しました。
 今年度は53人の皆様にご参加いただき、昨年と同じく本会議場にて市内の吹奏楽団の方々に演奏披露していただき、各常任委員会委員長から報告をしました。
 その後、各委員会室にて、司会進行の議員のもと、ホワイトボートを使いながらご参加いただいた皆さんと意見交換をすることができました。
 詳しい報告は、草津市議会のホームページに7月前後にアップされますので、ご覧ください。
http://www.kusatsu-shigikai.jp/04assembly/houkokukai.html

オープンthe議会受付
オープンthe議会会場内

オープンthe議会
開催当日は、日曜日の午前10時と午後1時という時間帯にもかかわらず、65人の方々にご来場いただき、一部での本会議場での各常任委員会委員長の報告を熱心に聞いていただき、後の二部での各委員会室での質問会にも積極的に参加していただきました。ありがとうございました。
「初めて来ましたが、これからも参加したいと思います。」とのご意見や、演奏していただいた玉川ウインドオーケストラさんからは「感動しました。次回も演奏できるようでしたら、市内の他のオーケストラにも声をかけていただきたい。」との感想もいただきました。また、「報告内容はもう少し工夫が必要ではないか。」という貴重なご意見もいただきました。
来年度もがんばっていきます。
より詳しい報告は、草津市議会のホームページに載っております。ご覧ください。

http://www.kensakusystem.jp/kusatsu-shigikai/04assembly/houkokukai.html

草津市議会報告会案内

西村隆行議員が委員長をしている議会改革推進特別委員会メンバーが中心となって下記のとおり例年とは違った形で議会報告会を開催します。
午前と午後と2回開催しますのでご都合の良い時間帯に皆様のご参加をよろしくお願いします!


日時:平成30年5月20日(日)
   ① 午前10時~午前11時半
   ② 午後1時~午後2時半


2回とも、草津市議会本会議場と各委員会室を開放し、まず、本会議場で、草津市民の有志で結成されている「玉川ウインドオーケストラ」の皆様に金管五重奏の演奏を披露していただきます。
続いて市議会の仕組みと総務常任委員会・文教厚生常任委員会・産業建設常任委員会からの報告をいたします。
その後に各委員会室にて、それぞれの報告に対する質問をフリートークでお聞きします。
同時に、本会議場を開放しますので、議長席等の記念写真を御撮りください!

当日に手話・託児サービスご利用の場合には、5月11日までに草津市議会事務局へお申し込みをお願いします。
それでは、お待ちしています!

旧草津川は草津市内を東西に、まちより高い位置に流れていた「天井川」でしたが、廃川になったことをきっかけに草津川跡地整備の事業が検討されてきました。

草津市議会公明党として、草津川跡地整備は、草津市が都市の姿として目指す、「うるおい」「元気」「交流」といったビジョンを具現化するためのものとして、また、人口減少時代に向かって、地方がどのように知恵を発揮して、いつまでも草津市が、"住み心地の良い"、また"ずっと住み続けたい"と思えるまちになるのか、その仕掛けの一つとして推進してまいりました。

旧草津川を大きく6区間に分けて段階的に整備していこうと計画が立てられ、この度、区間2と区間5が「草津川跡地公園」としてオープンしたのです。

区間5は、「d e 愛ひろば(であいひろば)」(人との出会い、花との出会い、木々との出会い、鳥との出会い、虫との出会いなど、いろいろな出会いがあり、この空間から新たに何かが生まれて欲しいという願いが込められています。)との愛称のもと、天井川の形体を活かし、季節ごとに表情を変えるガーデンと「憩い・癒し・発見・交流」がテーマの商業施設があります。

区間2は、「ai彩ひろば(あいさいひろば)」(実際に野菜が育つところを肌で感じ、地元の野菜を食することで、食物の大切さを感じて欲しいという願いが込められています。)との愛称のもと、多目的広場や学校農園等、自然とふれあう空間となっています。

オープンが桜の季節となり、多くの方々が散策されておられています。

50年先、100年先までの将来の草津市のためにも、皆さんに大切に使っていただき、草津市の素晴らしい財産にしていきたいと思っています。

ぜひ、ご来園ください!
http://www.seibu-la.co.jp/kusatsugawa-atochi-park/


20170501001.jpg20170501002.jpg20170501003.jpg

今、地方議会は住民の方々からより一層信頼される議会になるために、いろんな改革に取り組んでいます。草津市議会もチャレンジしています。これから、随時そのチャレンジしていることを報告します。
今回は、「委員会協議希望事項」について報告します。草津市議会には「総務」「文教厚生」「産業建設」の3常任委員会があります。この常任委員会は毎定例会において、市長が上程された議案を審査し採決しておりますが、私が提案して全議員の了承のもと、平成27年10月より、付託された議案だけではなく、それぞれの所属議員が市民の皆様の生活の安心安全向上につながるタイムリーな事項を常任委員会メンバーの承認のもと、「委員会協議希望事項」として市行政に確認して、議員間討議でその問題点を探り、市行政に要望・提案できるようになりました。
これからもいろいろと報告できるようがんばってまいります。

中学校給食について
6月定例会一般質問でも、2名の議員から橋川市長就任以来、幾度となく議論がなされてきた「中学校給食」の実施の検討について質問がありました。   
これまでは、希望者のみの「スクールランチ」方式でしたが、今後「中学校給食」の実施にむけての検討委員会を立ち上げるとの答弁がありました。
実施に向けては、授業のカリキュラムの変更や教師の負担、配膳室の整備のハード面等の課題をクリアしなければならないのですが、食育や成長期の栄養面を考え、そもそも、学校給食法に、中学校においても給食の普及充実が定められていることもあり、今後の検討については、実施の方向の可能性が大きいことが感じられました。


草津川跡地整備事業の内容
全長約5.5kmの草津川跡地利用の大事業ですが、ようやく本年、区間②と⑤の整備がスタートしました。
草津市議会公明党として、草津川跡地整備は、草津市が都市の姿として目指す、「うるおい」「元気」「交流」といったビジョンを具現化するためのものとして、推進してきました。
また、人口減少時代に向かって、地方がどのように知恵を発揮して、いつまでも草津市が、"住み心地の良い"、また"ずっと住み続けたい"と思えるまちになるのか、その仕掛けの一つが、草津川跡地整備だと思っています。
まちの中心に走っている天井川という草津市ならではの歴史的資源を活用し、50年先、100年先までの将来の草津市のためにも、この大きなプロジェクトが成功するよう、しっかりと進めていきたいと思っています。


議会改革の内容
本年1月1日に施行されました「草津市議会基本条例」。約3年半の年月を経て、制定されました。市民の皆様に負託された議員が、どのような議会を目指して議会活動をするのかを、具体的に様々な角度から規定したものです。
3本柱として、「市民に開かれた議会」「政策の立案や提言を行う議会」「行政の監視および評価を行う議会」を掲げています。
振り返れば、この策定までのプロセスが、大変大事であったと思っています。  
草津市議会公明党は、議会基本条例策定において、常に議論をリードしてきました。市民不在の議会、白紙委任の議会でなく真の市民の代表として、市民の意見を聞きながら、また市民に見える信頼される議会、質の向上を目指して、議案審議が追認でなく、議員間の議論を活発にしながら、市長と対峙する二元代表制を高める議会でありたいと、主張してきました。
議員は元々多様な市民から選ばれていますので、当然それぞれに考え方は違います。違う意見を交わしながら、それでも合意形成をはかることの作業が議会改革のスタートであったと思っています。 制定することが目的ではないことは当然で、絵に描いた餅にならないよう、条例を実現するためには、改革しなければならないことが山積しています。今後いかに実行するか、市民の皆様のご意見を頂きながら、今後ともさらに頑張ってまいります。

2月17日、市長に緊急申し入れ!!

2015_vol37-0.jpg小学生の放課後の預かりを担っている学童保育所の平成27年度の受け入れにおいて、待機児童が発生しました。共働き家庭が増える中、学童保育所の入所希望者がどんどん増えています。草津市は、民間事業所を公募したものの、予定の半分以下の応募にとどまり、数の確保は出来たものの、学校から遠く、保護者間で不安と心配が広がりました。

その実態を聞き、すぐに手を打たなければ4月1日からの預かりに間に合わない!と判断し、すぐさま、市長に公明党会派として緊急要望を申し出ました。

それから連日、担当者が現場に赴き、学校近くの施設整備に着手しました。結果、新年度予算の補正が組まれ、なんとか4月に間に合うことになりました。

今後、同じことが起こらないように、現場の声をしっかりキャッチしながら、また行政にもチェックをしていき、安心して子どもが放課後を過ごせる環境に今後も力を入れていきます。

市民相談

皆様の思いを承りました。

6月度の市民相談の分野別
道路関係 11
医療介護関係 0
障害者の方に関すること 2
お金に関すること 3
市役所関連 9
法律関連 0
教育 2
交通 1
その他 12
合計 40