オリンピック閉会

初旬、研修等で長らくご無沙汰致しました。

オリンピックが閉会しました。テレビの総集編で、名シーンを見ながら、最後の余韻に浸っていました。感動する場面は、何度見ても良いですね。今大会は、史上最多のメダル獲得で、特に女性の頑張りが最多メダル獲得につながった、ということは大変嬉しいです。

昨日の京都新聞記事に、バレーボール女子が28年ぶりに銅メダルを獲得した勝利の因に、監督の巧みなチーム操縦術があった、とありました。昔の監督は、剛腕でワンマンタイプ(いわゆるド根性タイプ?)とは一線を画していてデータ重視で担当分野ごとに目標を置き、厳しい中にも押し付けで無く意見を取り入れて、選手を刺激してきた、とありました。そうして、真鍋監督が共感する言葉として、サッカーの強豪チームを率いるモウリーニョ監督の「監督は選手の最大のモチベーターでなければならない」との言葉が紹介されていました。

この記事を読んで、ふと、草津市役所行政のモチベーターは、誰なのだろう、と...、そしてモチベーション上げながら仕事出来ている職員さんは全体の何割だろうかと、考えてしまいました。

私自身、議員活動の中でのモチベーションは、市民の生活が良くなることですが、思うことが実現出来ることは実際少ないので、思いが伝えられない、伝わらないことの葛藤のほうが多く、時には、いやしょっちゅう、挫折感味わっているものの、立ち直り早いほうなので、めげずに(懲りずに?)活動しています。

行政の独任制と違って、議会は監督、という立場の人がいませんが、その分、自己責任で信託を受けた責任感、使命感で頑張らないといけないと戒めています。
  

草津市議会議員 西垣 和美

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kusatsu-kokorohot.com/MTOS/mt-tb.cgi/240

コメント(3)

TITLE: オリンピックは感動と学ぶものも多いですね。
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
イスラム圏から女子の選手が初めて参加したオリンピック。平和の祭典としての価値は永続して欲しいですね。NHKで、女子サッカー、なでしこJAPANのドキュメントを放映してました。西垣さんと同じではないのでしょうが、ブログでお書きのような問題意識をもってこのドキュメントを見てました。「金」をとるために、戦略的に引き分け試合を意図した事が物議を醸し出した事も記憶に残りましたが、宮閒キャプテンがチームの誰一人かけても駄目との強い絆を持ちつづけ、宮閒キャプテンのひと言ひと言が選手達の心を奮いたたせた事は感動ものです。なでしこのモチベーターは選手だったのかもしれませんね。当然、佐々木監督の人心掌握と、選手との全幅の信頼関係があったればこそでしょうが。モチベーションをつねに持ちつづけるには「何の為に」という価値観を明確にもち、実戦するとともに、自分を触発してくれる人を持つ事が大事なのではないかとこのドキュメントを見ていて思いましたね。行政職員も、議員の方々も、市民の為という視点を深めていくことと同時に、「人」としての観点で自分を磨く事がなくなれば、多分、ただの事務員、ただの議員で終わるのではないでしょうか。なかなか難しいテーマですが・・・・。市政を預かる人達がその挑戦をしないのなら、その場から去るべきだと私なんかは思ってしまいます。是非、モチベーション高く、謙虚に難問に挑戦する清々しい議員、西垣さんを期待します。

TITLE: 14日集中豪雨
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
大津市では集中豪雨で災害被害があったようですが、私の友人も何人か大津におり、報道で大津南部の被害を知り、至急連絡をメールでとり、安全なのかどうかを確認しました。又、大津に住み人にツイッターでやりとりをしたときに、その時点で大津から遠方に外出しているが災害情報がメールでつぎつぎに入り心配しているとの事でした。それを知って早速大津市のHPを閲覧しましたが、直ぐに災害という文字が目に入り情報を知り得ました。草津市はどうかと思ってHPにアクセスして,感じたのですが、以前より、草津市のHPは見にくいと感じていたことがあるのですが、草津市のHPの分かりづらいひとつの原因が分かりました。言葉表現が悪いんだなぁというのと、配置に工夫がないんだなぁと感じましたね。大津市は災害という表現で、HPの一番目立つ位置にあります。草津市は、まず、安全という言葉が使われ、深く入っていくと危機管理と言う言葉が出て来ます。この差は大きいですね。草津市は平面的なんですね。情報にプライオリティが無いのでしょうね。大津市は災害情報をプライオリティの上位に置いていることは理解できます。こういう差は大きいのではないかなぁと思います。大津市の教育委員会の呆れる体質は周知の事ですが、HPでは一面トップに記述しているのは姿勢としてはOKですね。草津市は災害関係もそうですが、教育委員会の方は大丈夫なのでしょうね。HPの分かりづらさは、情報のプライオリティをその市がどう見ているかに影響されると思うとちょっと気になりますが・・・。

TITLE: Re: 14日集中豪雨
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
大津や京都での洪水の被害は、近年多くなった想定外の自然の脅威であり、今後の行政の安全の在り方がまさしく問われると思います。災害が起きた時の情報の発信も安全を守る、という観点からもだいじですよね、ご指摘があった情報の発信や周知方法は、また担当課にも申し入れ、改善がされるよう要望していきます。ご意見ありがとうございました。

コメントする

  • プロフィール
    草津市市会議員
    西垣和美のBlogへようこそ

月別記事一覧

最近のコメント

管理画面